未分類

宅建とは?資格の中身と仕事の内容を紹介します!

資格の世界では比較的多く耳にする「宅建」。不動産関係の資格、、、というぼんやりとしたイメージは持っているものの、詳しい資格の中身や具体的にどのような仕事をしているのかといった深いところまでは知らない!という方向けに、今回は『詳しい宅建資格の概要』と『仕事内容と実情』をお伝えしていこうと思います。この記事を読んで「宅建」について理解を深め、多くの方に資格の魅力と資格チャレンジのきっかけになってもらえたら幸いです。それではまずは宅建資格の大枠から見ていきましょう。

宅建士試験ってどんな試験?

宅建とは「宅地建物取引士」の略称名称で、いわゆる不動産系の国家資格になります。現在我が国には、数多くの国家資格が存在し、毎月のように何らかの国家資格が創設されることも稀ではありません。このような国家資格の中でも、宅地建物取引士資格は受験者数が24万人を超える有数の人気資格になります。宅建士資格の受験科目は、民法、宅建業法、建築基準法、都市計画法などの法律科目が中心ですが、民法は日常生活に密着した法律ですから一般の人にも馴染みやすく、宅建業法は比較的優しい科目です。

また、その他の法律も出題範囲が限られてるので計画立ててきちんと勉強すれば、おおよそ6〜8ヶ月の学習期間でゼロから合格までたどり着くことができます。

宅建士の可能性

もし、あなたが学生であるならば就職に有利にまることは言うまでもありません。今や宅建士の資格を必要としているのは不動産業界ばかりではなく、銀行や証券会社といった金融業界など幅広い業種にわたっているのです。例えば銀行では担保をとるときに不動産の知識が必要になりますし、飲食業界でも店舗の開発に不動産知識を書くことができません。

また、宅建士は、他の資格に対して中核的な価値をもっています。宅建士の試験科目の主要3分野は、民法関係、宅建業法、法令上の制限ですが、中でも民法は他の資格試験、あるいは公務員試験など就職試験の必須科目に位置付けられています。だからこそ宅建士資格で民法を勉強しておくと、他の資格への流用ができ、極めて有利になります。

入門試験の役割をもつ宅建士を足がかりとして、さらにマンション管理士、行政書士、不動産鑑定士、管理業務主任者、司法書士など次の資格試験のステップとなるのです。

3大資格とは?

日本の主要企業が取得を奨励する3大資格は ①宅地建物取引士②社会保険労務士③中小企業診断士と言われています。多くの企業が宅地建物取引士を歓迎している理由は、土地や建物は企業活動の基盤となるものだからです。この3大資格の中でも比較的易しいこの試験だからこそ人気の高さとなっていることでしょう。

-未分類

Copyright© 宅建資格をたった2ヶ月の勉強で取得した   りょうぽんブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.